スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

消失みました

感想もどき以下続きから。


消失見てきました。一回目は池袋で舞台挨拶、二回目は豊洲で普通の(というのも変ですが)を。
一回目はたぶんさんぶんのいちくらいの時間はずっと泣いていました。おかげ様でハンカチが一枚ぐっしょぐしょになりましたが。ピンポイントで幾つか、という方式で書いていきます。多分時系列順には書けません。すいません。

まず「冒険でしょでしょ?」に泣いた。号泣レベルで泣いた。思っていたよりずっと自分があの曲を好きだったんだなあということに気付きました。そしてストーブ取り合い合戦が可愛かった! キョン、ハルヒがやってきてふたりで取り合い、そこにみくるちゃんがきて三人で、そこにハルヒが長門を呼んだものだからキョンは最終的に日直を終えた古泉がやってきたときにはPCで暖をとるという悲しい事態。それでこそ。
古泉の身ぶり手ぶりがおかしいのはいつものことですが、みくるちゃん着替え時の挙動が面白かった。と、ハルヒが扉を開く→キョンが倒れ込む、が本当に前振りなしだったのですごくインパクトが。
あ、谷口のクリスマス自慢inサッカー! よかった。となりで一人走り高跳びしているハルヒがちょっと切ないけれどもひょうひょうとしているのでいいんだと思いました。そして張り切る谷口からのパス?を思い切りからぶるキョン。頬が赤くなって可愛かった、というか今回全体的にキョンがすごかった!
長門からの「鍵をそろえよ」しおりを発見したキョンの、あの嬉しそうな、今にも泣き出しそうな顔が堪らなかった。その後も、今まで消失でのキョンの表情っていうのをそれほどリアルに想像できていたことがなかったので、ずっと驚かされたり泣かされたりしっぱなしでした。しかしまあ、キョンの、今回の映画の中で一番、一番好きだったのはあの、自問自答するシーンでしたが! よくぞあそこまで掘り下げて掘り下げてああいう演出をしてくれた! って号泣どころの騒ぎではなく、二回ともひどく泣きました。結構鏡やガラスの演出をこっていたのがここで物凄く効いたと思いました。教室でつっぷすキョン、窓に映ったもう一人の自分が問いかける、っていう演出の妙!改札。引き留める長門、雪像の三人。改札の向こうにいる心象のキョン。そして、問い掛けつつ、思い切り、キョンの頭を踏みつけるキョン、っていう、あああれ誰だろうあの演出が本当に本当に好きで好きで、あそこのためにわたしは何度でも劇場に通えると思った。顔を上げる、前を見る、改札を抜ける切符は、入部届けではなく栞で、そしてその先に、教室にいるのはハルヒっていう。好きだった堪らなかった。あの、ガラスに映ったキョンっていうのは、もしかしたら未来の彼でもあり、彼の中でハルヒに似ている部分なんだろうなあ、とか思っていた。凄い好きだった。新ジャンルが生まれる。あのキョンほど格好いいキョンを見たことがなかった。そして、
そのあとの病室のシーンからのキョンの表情の変化! もーもーもー号泣ですよね。
しかし天然タラシであるということで一緒に見ていた類さんと全会一致(笑)しました。
あの、ハルヒの顔を撫でるときの、前髪、前髪、唇、目元から、そっとつねる! っていう所作。あれ、あれは、高校生男子には不可能じゃないの、男すぎるんじゃないの、っていう。その後の長門に対しても、ギュッと手を握って、目線を合わせるために膝を折ったのかと思ったら跪いてるっていう! 頭の雪を払ってあげて、上着をそっと着せてあげて、ほんと、ほんとタラシだーってなりました。
しかし彼はハルヒを選んだとか長門を選んだとかじゃなくて、まあそこがまたずるいところなんだけれども、うん、ハルヒがいて長門がいるSOS団を選んだ、と思っているんだろうなあ。
消失古泉は理想すぎました。ハルヒを気遣う表情! サイゼリアでハルヒが顔を上げたときのさみしそうというか、切なげな表情!
「僕は涼宮さんが好きなんですよ」っていう台詞だけだとどうしても言葉だけなんじゃないの、って思ってしまいがちで、でも、あのサイゼリアを出たところでの台詞と演出が、堪らなかった。「うらやましいですね」って……馬鹿、馬鹿、本当に涼宮さんが好きなのね、っていう! ひー。号泣。泣き過ぎだ。
あと結構キョンと動きがシンクロしていて、やつらやっぱり似ているんじゃないかなと思ったりしました。あ、初回のときには彼が体操着姿で寒そうに震えているところで劇場が沸いた。面白かった。笑。
ハルヒも可愛いったらなかった! 消失ハルヒのかわいさが、予想をはるかに上回っていてどうしようかと思った。ふら、っと力が抜けて古泉に抱き起されるところ! サイゼリアでずうっとうつむいていた、彼女がぱあっと顔を上げるところ! 北高潜入、みくるちゃん誘拐(笑)、文芸部室進入(笑)。ずーっとハルヒの表情にくぎ付けでした。PCに長門のメッセージが流れてきてからも、モニターとキョンの顔を交互に見ていたりとか好き好き!
長門がほんっとうにかわいかったんだけれども、みくるちゃんの安定と大人みくるのあの安定と笑、なにより鶴屋さん! 「怒髪でついちゃうよ」のあのすごみったらもう! なんだけれども、なんというか実はこうして文字に記録してしまうと私結構頭の中から記憶が抜け落ちてしまうので、それがとてもさみしいので、ちょっとこの辺にしておきます。観念的にしかここまで書いてきてないので、うーん、まあそういうところが気に言ったんだなーと思って下さい。笑。

そんで舞台あいさつね!
まとめたつもりでさっぱりまとまってなくて小野さんに首ひねられまくってた杉田氏とか、三角関係参加していいんですかって訊いたり台詞がかぶせられまくったりしてさみしかった小野さんとか(しかしあの演出は見事だったと思うのでよかったと思うのです、笑)、リテイクいっぱいだった朝倉さんとか本気で怒っていいよって言われた鶴屋さんとか「わたしだけエンドレスエイトしてるんじゃないかなって……」の妹ちゃんとか、たのしかった! ほんっとうにたのしかった!
自分で書けるのはこのくらいかなと思うので、あとは語ることにします。

はーたあのしかったたあのしかった。充実した一日でした!





| 日々 | 23:42 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0u0w0o0.blog75.fc2.com/tb.php/229-0f27b550

| main |

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。