スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

長門有希ちゃん盛大なネタバレ

ハルヒ「涼子
おおおおおおおお……!!!!!!

(今月の長門有希ちゃんを読んでの声にならない叫び)
(以下はネタバレ隠してません)

長門有希ちゃんが凄い、すごい、すごい好き。好きだ。
某所でも呟いたんだけれど。
消失っていう事件は、神様みたいな力を与えられなかったハルヒ(=消失ハルヒ)が、キョンというきっかけを与えられる話、みたいなことを前に、消失世界についての考察派生からお話してたことがあるんですね。
その時の考察の論点は、消失世界は書き変えられた世界なのかパラレルワールドかっていうところで、まあ公式は、原作は書きかえられた世界一択なんですがそれ以外の考え方をすると、っていうような話で。
そんでその時に、わたしはその論点とは別に(……)、三年前にハルヒが神様みたいな力を与えられた今の世界とは別に、神様みたいな力を与えられなかった世界もあるんじゃないかなということを考えていて。もしあったとしたら、そのハルヒはきっとジョンにもキョンにもSOS団の誰にも会わないまま、諦めと共に光陽園学院に進学して、そうして大人になっていくんだろうなあって思っていたんです。きっとそれは、キョンに会わないまま(=高校一年の冬にジョン・スミスに会わないまま=消失という事件に出会わずに)生きていくことになったら、というifのなかの消失ハルヒと同じだ、と。
だけど。
有希ちゃんの消失は、消失という事件にさえ出会わなかったハルヒが、高校二年の春、「合宿に行くわよ!」なんてにこにこして、古泉を引き連れて部室に押し掛けて(ついにジャージでカモフラージュもしなくなったね 笑)、キョンとみくるちゃんとゲームに夢中な長門と 笑、そして朝倉さんと笑いあうようになる話だった。大切なものを得ていく話だった。
走り出した朝倉さんとか 集まりだすみんなの声を聞いて 「私も行くか……」だって……!
もう、今月の最後数ページで泣きますよもう!
まさかハルヒが朝倉さんにむかって「涼子」なんて呼びかける日が来るなんて思わなかった。
ぷよ先生について行きます。わーん!

| 日々 | 23:44 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0u0w0o0.blog75.fc2.com/tb.php/262-a7b26490

| main |

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。